仙台市の整体院、仙台ママの骨盤矯正で産後の腰痛治しませんか?

仙台 ママの骨盤矯正


院長日記

産後の腰痛や坐骨神経痛の痛みが整体で解消した患者さんの声

更新

はじめまして、いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

今回は、産後の腰痛や坐骨神経痛の足のしびれの治療を病院で受けていたにも関わらず一向に症状が快方に向かわなかった女性が、当院の整体、カイロプラクティックの施術で解消したという患者さんを紹介します。
 

44歳3児の産後の腰痛、授乳中のしびれが骨盤矯正で改善!

仙台市若林区 佐藤 一恵様

 ① 来院したときの状態


佐藤一恵様は、今回の出産が3度目という44歳の産後のママさんです。

とにかく産後の腰痛がひどく授乳中には坐骨神経痛の足のしびれに悩んでいて夜間痛もあり膝もつけないほどの恥骨痛やひざ痛という症状に悩んでいました。

これでは、育児や家事ができないという思いと、春には職場復帰の期日も迫っていたのでとりあえず行きつけの病院に産後の腰痛の診断を受けました。
レントゲン検査やMRI検査の結果は「異常なし、産後の腰痛は、誰でも悩みますが自然によくなってきます。」

それでも授乳した状態から立ち上がるときにも激しい腰痛があるし、職場復帰も意識するようになったので産後の腰痛を整体、骨盤矯正で解消したいということで当院にお越しになりました。

他にも産後ストレスや疲れもひどく少しでもいいから育児から離れ「自分の時間がほしい」という思いをお持ちでした。
最近は、このような希望を持たれる産後のママさんの来院が増えています。

② 産後の腰痛、坐骨神経痛の原因

産後にかかわらず腰痛や椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛の足のしびれは、骨盤尾ゆがみが大きな原因です。下の図をご覧になるとこの図の仙腸関節という部位がほとんどの腰痛の大きな原因の一つです。

仙腸関節の写真.jpg 出産ときには、産道から胎児を押す出すのですがこの時に股関節がスムーズに動かないとどうしても難産になってしまいます。

また、女性の出産前にはリラキシンという女性ホルモンが大量に分泌しますが、このリラキシンは、筋肉や靭帯、腱を緩める働きがあります。この作用は産後6か月たつと急激に分泌量が減少しますので一番矯正しやすい時期に整体、カイロプラクティックの骨盤矯正を受けることをお勧めします。

③現在の状態

産後3カ月で当院に来院した佐藤様は、産後の腰痛や坐骨神経痛の足のしびれ、夜間痛がなくなったというばかりではありません。

他にも副次的な効果として、5キロのダイエットに成功しました。

また、冬場の乾燥期にありがちなお肌の乾燥もなく血液の循環が良くなりカサカサしていた肌が、潤うような感じになりました。それと第1子、第2子の時に悩んでいた乳腺炎も今回は、ありませんでした。完全母乳での育児でしたが、母乳の出ること出ること以前、乳腺炎で病院に通院したとは思えないということでした。

④まとめ

44歳の3児の産後の腰痛や坐骨神経痛の夜間痛に悩んでいた女性が整体、カイロプラクティックの骨盤矯正で次のようになりました。

・産後の腰痛や坐骨神経痛のしびれや痛みが解消された
・乳腺炎もなく完全母乳で健康的な育児ができた
・つらいダイエットやエクササイズもなく5キロのダイエットに成功
・職場復帰したときに「変わっていないね、何をしたの?」といううれしいコメントをもらえた
 

このように、産後腰痛や坐骨神経痛のしびれの解消に整体、カイロプラクティックの骨盤矯正を受けることは、痛みや症状の改善ばかりでなく、ダイエットや乳腺炎、本人の職場復帰の自信にもつながります。

高齢出産、切迫早産での長期入院後の産後の腰痛も整体、骨盤矯正で改善

仙台市太白区 南条 美奈子様

① 来院したときの状態

当院に南条様がお越しになった時に一番印象的だったのは、とにかく腰背部の筋肉の拘縮、こりがひどく鉄板を入れているような状態でした。このような産後の腰痛は、長期入院している患者さんが自宅に戻った時に訴える腰痛とよく似ています。

南条様も高齢出産、妊娠初期には切迫流産、妊娠後期には、切迫早産のために長期入院を経験した産後ママさんだったのです。切迫流産や切迫早産での長期入院は、腰背部の血液循環を滞らせて筋肉自体に酸素不足、酸欠状態を作ってしまいます。当然筋肉の新陳代謝機能も衰え、筋力も低下するのでこの状態での育児や家事はとても大変であるということは容易に想像できます。

②切迫早産の長期入院の産後の腰痛に適した施術方法

・根本的に骨盤も含めて骨格から矯正する
・安全に施術するために、なおかつ筋肉疲労もとるために血液の循環とリンパの流れをよくする施術、骨盤矯正をする
・皮膚、関節、筋肉の3部位の新陳代謝機能の促進のために、深部の筋肉を緩める施術も骨盤矯正以外に加える

上記のような条件を満たした施術テクニックが炭酸整体とオステオパシー、カイロプラクティックの施術です。

 動画をご覧になってお分かりの通り、当院ではカイロプラクティックの骨盤矯正をベースに深部の筋肉を緩めているオステオパシーのカウンタ―ストレインという施術も取り入れています。
産後のママさんに限らず、慢性腰痛や坐骨神経痛のしびれに悩む患者さんは皮膚、筋肉が硬く、骨盤や腰の椎間関節の遊びがあまりなく可動域も小さいということが、多くの慢性腰痛患者さんを施術した経験から臨床において見受けられます。

硬い皮膚や筋肉、関節の動きが制限されている場合、痛みに悩んでいる患部には、次のような状態になります。

坐骨神経のイラスト.jpg

臀部や大腿部の筋肉組織の流れが悪い一種の血流障害

酸素がいきわたらない酸欠状態になります。
そして太ももやふくらはぎのから痛みの信号が脳に信号を送ります。

「産後の腰痛、授乳中の坐骨神経痛のしびれがひどい」
「産後になって歩くとかかとや足首に痛みやしびれを感じる」
「夜間痛がひどい。腰痛やしびれで目が覚めてしまう、眠れない」

切迫早産や切迫流産で入院した患者さんは、この傾向がほかの産後の腰痛患者さんより顕著です。

③現在の状態

職場復帰まであと数カ月ということですが、南条様は、「早く職場復帰したい、仕事をしたい」という強い気持ちをお持ちです。産後の腰痛もかなり改善し、ポッコリお腹も気にならない、産前のジーンズもはけるようになったということで、あとは、定期的なメンテナンスで育児と仕事の両立に気持ちを奮い立たせています。
 

寝返りもできない産後の腰痛、足首の痛みも整体で改善!

仙台市泉区 鷲見 美栄様

①当院に来院したときの状態と症状

出産後は寝返りもできないほどの腰痛に悩んでいて、授乳中は足首の痛みと鼠蹊部痛もありました。職場復帰もあり、毎日の育児と家事に追われている中での激痛で動けないのは、ストレスで気が狂いそうでした。

起床時には、太ももの付け根の鼠蹊部にも痛み、歩くと踵と足首にしびれと痛みがあるような状態でした。近所の整骨院で、マッサージを受けましたが、その場しのぎでしかありませんでした。

②産後の腰痛、鼠蹊部痛、足首の痛みの原因

坐骨神経のイラスト2.jpg

産後にかかわらず、歩くと足首やアキレス腱の痛み、しびれを訴える患者さんが良く当院にお越しになります。

病院での診断は、「アキレス腱痛」「オーバーワーク」「股関節が硬い、柔軟性がなくなった」というような説明が多いですが、当院では骨盤と腰の骨の腰椎5番のゆがみが原因と考えております。

ゆがんで神経の伝達作用が低下しているならその部分の血液循環と神経伝達機能を高めることが不可欠です。先ほどの動画にもあったように整体、カイロプラクティックの骨盤矯正トオステオパシーの施術で足首の痛み、腰痛を速やかに解消することを治療の中心に考えております。

 

④現在の状態

産後の股関節痛や腰痛、足首の痛みも全くなくなり職場復帰に向けて生活リズムを整えていけるようになりました。
家事と育児、仕事の両立にはかなりの不安がありますが、骨盤のゆがみを整体、カイロプラクティックの骨盤矯正でメンテナンスをすることができれば大丈夫という安心感を整体で得ることができました。
 

産後の腰痛と尿漏れ産前の片頭痛や肩こりも整体で改善!

仙台市宮城野区 高橋 こず恵様

①来院したときの状況

当院にお越しになった時には、産前からの悩みである慢性肩こり、片頭痛に加えて産後の腰痛に尿漏れに悩んでいました。
他にも正座が得着ないほどのひざ痛や右の足首の痛みやしびれがあり育児に大変なストレスを抱えていました。

ここでこのブログをお読みの読者の方に申し上げたいのが、上記の症状である腰痛や尿漏れなどすべてバラバラではなく互いに関連性のある症状で、その根本的な原因は、骨盤のゆがみを作る仙腸関節のずれと尿漏れに関しては、骨盤底筋群の弱体化または、傷みです。

出産尾ときには、胎児を産道から押し出てくるのでこの時に難産の場合は、骨盤のゆがみと骨盤底筋群の損傷や疲労がのちの腰痛や尿漏れにつながります。高橋様の場合は、他に慢性肩こり、片頭痛がありました。
 

産後の腰痛と尿漏れの原因と施術方法

産後のママさんにかぎらず、高齢者の間でも尿漏れはおきます。

尿漏れの原因の多くは、尿道を開閉する骨盤底筋群と呼ばれている筋肉群が、出産によって大きなダメージと疲労をうけ傷み、筋力の低下により弱体化してしまうことです。


骨盤がその状態をより悪化させて、今は、5人に1人の産後ママさんが尿漏れに悩んでいます。当然、尿漏れに悩んでいる患者さんは他にも骨盤のゆがみもありますので、まずカイロプラクティックと整体で骨盤のゆがみを解消し、骨盤底筋群のエクササイズに励むことが一番重要な施術方法です。

③現在の症状と状態

産後の腰痛や尿漏れに悩んでいた高橋様も整体とエクササイズにより骨盤矯正も正しい位置に矯正され、尿漏れ、右足首の坐骨神経痛のしびれ、ひざ痛もなくなりました。

職場復帰に向けての生活習慣の改善も同時に行っています。その他に、О脚で、下半身太りも気になっていたのですが、これも適切なエクササイズで自信をもってスカートを着ることもできるように改善したのは、整体施術の素晴らしさを伝えています。
 

病院で産後の腰痛や尿漏れが治らず不安な方へ

当院には、産後の腰痛、尿漏れや坐骨神経痛の足のしびれ、ひざ痛に悩んでいる産後ママさんが多数お越しになります。日々の育児や家事を毎日繰り返すことは大変な重労働です。

しかもお子さんの夜泣きで24時間年中無休の毎日がかなりの期間続きます。出産して育児に取り組むようになってからのママさんたちは、大変重い責任を背負って毎日必死に子育てや家族のために無収入で働いているのです。

毎日頑張っているあなた、もしくはあなたのパートナーである女性に、ぜひ整体、カイロプラクティックの骨盤矯正をおすすめいたします。

 

2017年05月16日 更新

院長日記新着記事一覧

仙台 ママの骨盤矯正のご案内

住      所:
〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉1-4-30
上杉サショウビル3階
アクセス:
地下鉄勾当大駅・青葉区役所から徒歩2分(宮城県庁の裏)
お問い合わせ・ご予約
022-227-3955
営業時間:
午前9時半~午後19時半
定休日:
月曜定休
※月曜祝の場合は月曜営業、
火曜休診です。

年末年始休業、
託児所の利用は
平日の10時~15時のみ)
※土日祝は身内の方同伴に限り
託児所のご利用が可能です

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ