仙台市の整体院、仙台ママの骨盤矯正で産後の腰痛治しませんか?

仙台 ママの骨盤矯正


産後のひざ痛と足首の痛み

dangerあなたが日常的に赤ちゃんをだっこしている中で
このようなお悩みや痛みを実感されたことはありませんか?
  • 階段の上り降りひざ痛や足首の痛む
  • 授乳中に座り続けているとひざや足首が痛みくなる
  • 歩く姿勢が変
  • 正座ができない
  • このまま育児や家事・職場復帰ができるのかどうか不安
以上のようなお悩みを抱えている産後のママさんにとって、
このページは重要です。
 
Fotolia_48616771_XS.jpg骨盤矯正専門院が、あなたから産後のひざ痛や足首の痛みを解消し、産後よりスタイリッシュな輝くママさんへとかえてみせます!
 
「授乳中で、痛み止めの薬も飲めない!」
「階段も昇り降りでひざ痛、正座もできない!」
「座り続けているうちに足首も痛み、しゃがむこともできない!」


そんなひざ痛に悩んでいた約97.8パーセントの患者様が効果を実感!

「施術からたった2週間でお子さんの運動会で走れるように!
「職場へ復帰した時に、産前と体型が変わっていないねと言われた」


など、多くの喜びの声を頂いております!
 

産後のひざ痛足首の痛みへの施術とは?

 
階段の上り下りができない、休日に出かけると歩くたびにひざの痛み、正座をすることもできないあなたのひざ痛は、本当につらい症状ですね?ましてや、出産後、これから育児という重い責任を負いながら日々の生活を過ごしていくわけです…
 
こんなに毎日毎日悩み続けているのに、誰も代わりに育児や子供の世話なんてしてくれない! 

子供の夜泣きの睡眠不足、強いストレス、時には、このままでは本当に職場復帰できるのだろうか?社会から取り残されていくのではないか?。
 
これだけがんばっているのに、誰も私のつらさや苦しさを理解してくれない。ひざ痛、腰痛、足首の痛みを解消したくても子供をどこに預けたらよいのか。託児所付きの治療院は、仙台市内にないの?

こんな悩みを抱えている産後のママさんが「ひざの軟骨の間がすり減ってますねー。一生このひざとうまく付き合うことが重要ですよ」
 
「産後の赤ちゃんのために頑張って、我慢も大切ですよ!」と言った言葉や、ときには「最終手段として手術を考えておくことも選択肢の一つです」なんて診断された日には…

いったいどんな気持ちを感じていたか、あなたがこのフレーズを読むことがどんなにつらいものか、当院にお越しになる患者様から問診の際お話を伺う時にひしひしと患者様の思いが伝わってきます。
 
当院は、電気治療やマッサージ・痛みどめの薬でも解消しないひざ痛を骨盤のゆがみ(仙腸関節の動き)という観点から、施術する方法をホームページ内で実例の患者様の声といくつかの動画で説明しています。
 
今まで通りに電気治療やマッサージや投薬に頼ることで、そのひざ痛を解消したいとお考えの方は、どうぞこのサイトを閉じていただいてかまいません!
 

当院にお越しになる90パーセント以上の
ひざ痛患者様が知らないひざ痛解消の方法とは?

骨盤のゆがみを作る仙腸関節と腰椎の関連性を知らずに、ひざ痛やひざの腫れ、ひざに水がたまる、座り続けると出てくるしびれなどの症状から解放されることはありません!!

まずは骨盤のゆがみとひざ痛について説明した動画をご覧ください。

 

あなたは、こんなひざ痛に悩んでいませんか?

  • 最近、ひざ痛がひどく「変形性膝関節症」という診断を受けた。
  • ひざに水がたまり、歩くと痛みがひどい、病院に水を抜きに週に1回通院している。
  • 過去に交通事故などで、ひざの半月板を損傷し、完治したにも関わらず未だにひざ痛に悩んでいる。
  • 歩き始めにひざ痛を感じる、また、歩き方が変だと言われることがある。
  • ひざを真っ直ぐにのばすことができない、あるいは正座することができない。
  • けがをした覚えがないのに、ひざが腫れている。
  • 産後にひざの痛みを感じる、特にひざを曲げてしゃがむとひざ痛を感じる。
  • 立ち上がるときや気温の変化が激しい時にひざに痛みを感じる
  • レントゲン検査で「ひざの軟骨がすり減っています、痛み止めとシップ、電気治療をします。その後は、リハビリでひざの機能回復に努めましょう」と言われた
  • ひざだけではなく、足全体に力が入らない、歩くときもよちよち歩き。わずかな段差にもよくつまづいてしまう。
上記の10個のシートにあなたの症状がいくつあてはまるかを最初にチェックしてから次の文章をお読みください。

該当することがなければ、あなたのひざ痛には、ほかの重大な疾患が隠されていたりする可能性があるので、このままこのHPを閉じ、病院に行かれることをオススメ致します。
 
院長と患者様のご家族の写真.jpg
はじめまして、仙台ママの骨盤矯正の院長の真山です。
 
当院は、「赤ちゃんをだっこするときにひざ痛を感じる」「しゃがんだときにひざ痛や足首に痛みを感じる」「授乳中に座り続けているときにひざ痛に悩んでいる」という診断を受けた、産後ママのあなたに「ひざ痛は、骨盤のゆがみを解消しない限り、解消なし!!」
 
という言葉で、仙台市青葉区に整体、カイロプラクティック院を開業して、今まで約13年の間に、腰痛や椎間板ヘルニアのしびれ、ひざ痛などに悩んでいた28,000人以上(産後のママさんを含む)の患者様を施術してまいりました。
 
kosaki.jpg3.jpg
最近では、「保育士さんがお子さんのケアをしている間に、骨盤のゆがみやひざ痛、産後のスタイルを解消できる治療院」ということで、毎日多くの産後の子連れのママさんが来院しています。

当院では、つらい症状に悩んでいた患者様を、特に骨盤のゆがみを作る「仙腸関節」や、ひざの関節、腰の骨(腰堆の3番4番)を骨盤矯正とオステオパシーのカウンターストレインという手法を使い、施術にあたっています。
 

詳しい内容は、実際のひざ痛の施術動画を参考にしていただければ幸いです。

 
まず、当院のひざ痛施術は、「部分的に電気をかける」「マッサージをするだけ」といったような、一時的に痛みを取ることだけを中心にしたその場しのぎの対処療法ではないことを強調しておきます。
 
また、単にひざ痛の施術をするだけの治療院ではなく託児所付きの整体院として、お子さんが保育士さんにケアされている間に、あなたは自分の時間を持てる、育児から離れてリラックスできるというところを重要視し、治療院のコンセプトとして位置づけています。
 
手技はカイロプラクティックによる骨盤矯正で、全身のバランス…特に骨盤のゆがみを作る「仙腸関節」という関節のゆがみと、腰、首のゆがみを手技によって解消することで、トータル的なバランスを整えてから、ひざの施術に取り組んでいます。
 
お問い合わせ・ご予約はお気軽に
022-227-3955
仙台 肩こり退治腰痛センター」と出ます。

産後にひざ痛や足首の痛みが続く真の原因とは?

なぜ、産後のひざ痛や足首の痛みが、病院の電気治療や薬、他の整体院や整骨院で行われるマッサージでは解消されないのか?
 

ひざや足首という<部分>だけを見ており、全身のバランスを考えていない

「どこの治療院や病院でもほとんどひざの部位しか見ていない、腰痛なら腰しか見ていないということが多いから」です。
 
しかし、当院の考え方はまったく違います。ひざも足首の痛みも腰痛も、さらに首の関節ですらも、互いに密接に関連しています。どれか一つの関節の不具合は、たちまち、一見すると無関係に見えるような、他の関節にも影響します。骨盤矯正と腰の関節、首の関節、そして最後にひざの関節といった具合です。

特に産後のママさんの場合は、出産の影響によって、かなり大きな骨盤のゆがみがあるため、この考え方を持っていないこと自体が大きな誤りです。
 
仙腸関節の写真 (2).jpgのサムネイル画像
出産の時に、もっとも重要な大元の関節、骨盤のゆがみと関係する約2から3mmくらいの微量な動きをする仙腸関節という関節があります。
 
この仙腸関節は、骨盤のゆがみとひざ痛の痛みを解消するうえで最も重要な関節名なのです。

「骨盤のゆがみと仙腸関節の関係」についてはこちらをご覧下さい≫
 

産後の血流の悪さ、血流の滞り

妊娠中から、母体は運動不足もあり血液の流れが滞りがちになります。
 
ひざ痛や足首の痛みには、あなたの人体に備わっている自然治癒力で改善することが、薬を飲むことを控えている授乳中のママさんには必要です。この時に血流をよくすることで、患部に酸素や栄養物を運搬し、老廃物の排出をスムーズにすることが、産後のダメージを受けた身体にはとってはとても重要なことです。
 
血流の改善は、ひざ痛や足首の痛みの解消にも必要です。
 

産後特有の貧血による栄養分の不足

育児の楽しいママさん.jpg
もしかしたら、産後のひざ痛や足首の痛みに貧血が関係しているのを不思議に思うかもしれません。しかし、腰痛やひざ痛などは貧血によって悪化することが多いのが事実なのです。
 
産後のママさんたちは、ほとんどが貧血状態であり赤ちゃんが元気があれば母体からたくさんの鉄分をとるので、いつも母体は貧血状態です。
 
貧血の体力低下のせいで、育児にも身が入らず、産後の回復に時間がかかります。また、その悪い効果として、ひざ痛や足首の痛みを生み出すことも多々あります。
 

女性ホルモン(リラキシンによる靭帯や骨盤、関節のゆがみ)

出産に備えて、リラキシンという関節や筋肉、靭帯を緩める女性ホルモンの分泌が活発になります。出産前のママさんの丸みを帯びた身体を想像していただければわかりやすいです
 
この状態は産後半年の間に徐々に落ち着いてきますが、骨盤や各関節がゆがんだままの状態ですと、О脚気味のひざになってしまったりします。結果的にそのゆがみがひざ痛の原因にもなります。
 
産後半年以内に骨盤矯正でゆがみを解消することが大事という話の根拠は、リラキシンの分泌が終わる前に、靭帯や骨盤が緩んでいる時期は一番矯正しやすく、時期を逃すと本当にもったいないということです。
 

産後のストレス、社会から閉ざされた閉鎖感や孤独感

産後の腰痛やひざ痛、足首の痛みやそのほかの片頭痛やめまいなどと、一見何の関係があるのかな?と思うママさんも多いかもしれません。
 
近年当院で、産後のママさんを施術するときに一番気になることが、孤独感や社会から取り残された閉塞感、それに伴う強い被害者意識です。
 
仙台は転勤族の割合が全国で2番目の地方都市です。その中で、子供と二人きり、ご主人の帰りも遅いとなると、育児という重い責任を一人で背負わなくてはなりません。
 
育児で疲れたママさん.jpg
しかも初産の時には、ほとんど未経験なので、育児が想像以上のストレスとなることは容易に想像できるでしょう。
 
まして、夜泣きなどが原因の睡眠不足、疲労感、1人で頑張らなくてはならないという孤独感などは、絶え間なく産後の新米ママさんを襲います。この解決方法としてコミュニケーションをとることが重要だと当院では考えます。
 
他のママさんとのおしゃべりや、経験豊富な保育士さんとの会話から、育児についての的確なアドバイス、ヒントを得ることもできますので、自分の時間を持つことが楽しい!!そんな健康的な育児ライフのきっかけになればと考えております。

お問い合わせ・ご予約はお気軽に
022-227-3955

当院の託児所の風景

 
当院は、

輝くママさん 育児.jpg「出産しても、いつも輝いているママさんであると同時に、<男性>でいたい!」
「赤ちゃんはかわいいけど、ときには大人同士のコミニュケーションをしたい」
「自分の時間を確保して、ゆっくりリラックスしたい」
「このまま育児をしていくだけの生活で、社会から取り残されたくない」

などなど…様々な思いを持ちながら頑張っている「ママさんのオアシスとしての治療院」です。
心のデトックスができる環境での施術は、ひざ痛などの痛みとストレスの解消になります。
 
それでは、骨盤のゆがみとひざ痛や足首の痛みについて解剖学的な見方から当院の見解を述べさせていただきます。詳しい内容にご興味をお持ち頂けましたら、是非こちらのページをご覧下さい。
 
当院の託児所の風景

仙台 ママの骨盤矯正のご案内

住      所:
〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉1-4-30
上杉サショウビル3階
アクセス:
地下鉄勾当大駅・青葉区役所から徒歩2分(宮城県庁の裏)
お問い合わせ・ご予約
022-227-3955
営業時間:
午前9時半~午後19時半
定休日:
月曜定休
※月曜祝の場合は月曜営業、
火曜休診です。

年末年始休業、
託児所の利用は
平日の10時~15時のみ)
※土日祝は身内の方同伴に限り
託児所のご利用が可能です

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ