仙台市の整体院、仙台ママの骨盤矯正で産後の腰痛治しませんか?

仙台 ママの骨盤矯正


産後の腰痛の原因・対策は?

当院にお越しになる患者さんの「産後の腰痛」は、産前・妊娠中・産後も含めて、多くの症状の中でも
ナンバー1です。特に、もともと腰痛があった方や、第2子目、第3子目の妊娠・出産そして育児をされている方などは、腰痛が悪化する方が多いです。
 
また、産後の煩雑な家事や育児によって腰痛〜坐骨神経痛の足の痛みやしびれ、股関節痛や恥骨痛、立ち上がるときにひざ痛を訴える産後女性の数は、大変多いです。 にもかかわらず、家事や育児に追われ、職場復帰までに

「何とか産後の腰痛を解消しなければ」と焦っているあなた!
「早く産後の腰痛を解消して、産前のスタイルに戻りたい」とお考えのあなた!
 
今回は、産後におこりやすい腰痛の原因と対策、腰痛に良いセルフケアーについて述べてみたいと思います。
 

産後の腰痛の原因

1 妊娠中からの影響
pregnant.jpg妊娠中に産後約6か月後から急速に分泌が減少しますがリラキシンという女性ホルモンが分泌します。このリラキシンというホルモンは、産後約6か月後から急速に分泌が減少しますが、赤ちゃんが産道をスムーズに通るために妊娠初期から骨盤や筋肉・靭帯・関節・腱を緩んだ状態にする働きがあります。

また、妊娠中の大きなお腹を支えるために、妊娠中の女性は体が後ろに反った状態になります。いわゆる『反り腰』ですが、この姿勢は腰や背中に負担がかかった状態になっています。
 
筋肉が緩み、反り腰の姿勢という体の状態から、妊娠中に腰痛を訴える方が多いのです。その後出産したとしても、妊娠中に受けた腰へのダメージは、産後にすぐに回復するわけではありません。出産後も、きちんとケアをしないと妊娠中からの腰痛を悪化させてしまうのです。
 
その結果は、先ほど述べたように
  • 授乳中の坐骨神経痛のしびれ
  • 恥骨痛
  • 股関節痛
  • ひざ痛
というような症状も併発してしまうのです。


2 分娩時の影響
senyou-kansetsu.jpg分娩中は、生まれてくる胎児の体型に合わせて、母体は股関節を中心に骨盤やじん帯・関節がさらに開いて分娩に適応します。
  
特にこの時に産後の腰痛に大きな原因となる仙腸関節が大きく開いてその後に骨盤の歪みが起きることが多いです。胎児の大きさと、妊婦さんの骨盤の開きが悪いと、負担がさらに大きくなり、骨盤が歪んで開いてしまいます。
 
また、分娩直後にすぐに立つなど腰に負担をかけてしまうと、反り腰が原因の腰痛が悪化してしまう可能性もあります。


 3 育児の影響
raise-baby.jpg 出産後のママさんの生活は毎日24時間休むこともなく赤ちゃんの夜泣きや世話などの雑用に追われます。他にも散らかり放題の家のことなどの整理整頓もママさんに心理的なストレスをかけます。
 
このような状態では、妊娠中や分娩中に負担がかかった骨盤や腰を休ませる時間がなく、産後の腰痛を悪化させてしまう方が多数いらっしゃいます。
 
特に産褥期(さんじょくき)といわれる産後1か月に、しっかり身体を休められなかった場合や、年子で上の子も面倒も見ているという場合は、さらに疲れとストレスが腰痛を慢性化させてしまいます。
※産褥期(さんじょくき)…出産後6週目~8週目の、身体が妊娠前の状態に戻るとされている時期


4 ママたちには「メンテナンスの時間」がない
sango-maintenance.jpg
 産後の腰痛の自覚症状があるにもかかわらず、腰痛や骨盤のメンテナンスに行く時間がないことも腰痛を悪化させている原因です。
 
出産後はどうしても育児で時間が取れないこと、お子さんを預かってくれる身内がそばにいない、当院のある仙台市などは典型的な地方都市ですが、保育園の数が足らなく、身内も近所にいない、転勤族の家庭などの理由から、腰痛、坐骨神経痛の痛みやしびれを放置してしまう方が多いです。

それでも毎日の育児や家事は、休みなく続きます。当然、産後の腰痛が良くなることはありません。
 

 

「じゃあ、どうすればいいの?」産後の腰痛対策とは

■産後の腰痛対策1「骨盤ベルトの着用」
sango-belt.jpg
 妊娠中に緩んだ関節や靭帯は、産後すぐに戻るわけではありません。元に戻るまで2カ月から3か月はかかるので、その間は、姿勢や腰に負担のかかる動作はなるべく避けることが大切です。
 
特に注意するべき姿勢は、骨盤をゆがませる姿勢として、女の子座りがあります。また、赤ちゃんを持ち上げるときには、必ず腰だけ前に曲げずに、腰を落とした状態からひざを曲げて、足で持ち上げる世に配慮するなど、腰に負担をかけるような動きをより少なくすることが必要です。
 
基本的なセルフケアーとしては、産後3か月は骨盤ベルトをつけ、何かを持ち上げる、起き上がるときは無理をしないこと。座るときには背筋を伸ばして、骨盤を立てるように椅子に深く腰掛け、床に座るときは座布団をお尻の下に入れるようにします。
 
さらに、休息をこまめにとり、体に負担をかけて疲労を蓄積することを避けることです。また、前述した女性ホルモンの「リラキシン」は体を緩ませる働きがありますが、産後に動きすぎていると、リラキシンが6か月経過して分泌がストップしたときには、産後女性の骨盤が歪んだままで固まってしまう場合があります。
 
このような状態を防ぐためにも、産後の骨盤ベルトの着用と休息を十分取る・無理をしない・近所に身内の方がいれば、協力してもらうなどが必要です。
 
■産後の腰痛対策2「骨盤体操を取り入れる」
kotsuban-taisou.jpg
産後できる産褥体操は助産婦さんや産婦人科でもレクチャを受けることができます。病院のパンフレットにも、産褥体操は載っているので参考にしてみましょう。
 
産後の腰痛が解消してきたら、次の段階としては再び腰痛がおこらないよう、骨盤底筋群、腹筋を鍛え妊娠中や分娩中に弱体化した筋肉を元に戻してあげます。特に骨盤底筋群の強化にはケーヘル運動という尿漏れ解消のエクササイズが最適です。
 

■産後の腰痛対策3「カイロプラクティックの骨盤矯正専門院での施術を受ける」
  • 産後の腰痛がいつまでたっても解消しない
  • 授乳中に腰が痛い
  • 坐骨神経痛の足のしびれや痛みに悩んでいる
  • 歩くたびに股関節に痛みが走るような症状に悩んでいる
chiro-chiryo.JPG
このような場合、大きな原因の一つは仙腸関節という仙骨と腸骨が組み合わされた可動域約1~3ミリの隙間部分のゆがみや機能不全です。
 
出産、特に分娩時には、股関節が大きく開きますが、この時に仙腸関節の動きがスムーズになっていると産後の骨盤の戻りもかなり楽になります。そのためには、カイロプラクティックの骨盤矯正専門院での施術を受けることをお勧めします。
 
下記に当院の産後の骨盤矯正の施術を動画で紹介しています。他にも、産後の骨盤矯正で腰痛や股関節痛やしびれが解消した患者さんもご紹介しています。
  
 


 

産後は無理をしないこと

sango-relax.jpg
 産後に当院にお越しになる産後ママさんには注意してほしい点があります。そのうちの一つは、産後に多くの負担を心と体にかけないことです。
 
産後に早く「元の体型に戻りたい」「これからの育児はどうしたらよいのか?」「職場復帰に備えて、早く体調をもとに戻したい、」「早く、尿漏れや腰痛に悩んでいる体のケアをしたい」などなど心理的な焦りからどうしても無理をしてしまいがちです。
 
また、核家族が多い家庭では日中に子供と二人ぼっちで、孤独になりがちです。時には、社会から取り残された気持ちになることもあるでしょう。
 
しかし、出産という大事業は、心理的・肉体的に大変大きな負担を母体にかけますので、焦らずにこれからの育児ライフやご家族の健康のためにも十分な休息をとり、出産で痛めた母体の修復に努めていただきたいと思います。
 
また産後に無理をすると、女性の場合更年期になってから腰痛・ひざ痛・股関節痛の悪化・第2子不妊の原因にもなるといわれています。
 
家族のためや自分のためにも、産後はゆったりと十分に休息を取ることを心がけましょう。なお、当院で産後の腰痛や恥骨痛を解消した患者さんの声を載せておきます。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。
 
 

産後の腰痛や便秘、坐骨神経痛に悩んでいた3児のママさんがカイロプラクティックの骨盤矯正で今は、楽々

佐藤 能子様 仙台市泉区在住
 
 
①   来院された時の状態
産後の腰痛や左の臀部痛がひどく足のつま先まで、坐骨神経痛のしびれと痛みに悩んでいました。また、便秘も妊娠中からひどくて、育児のストレスからくるめまいに悩んでいました。

②   原因
産後腰痛の大きな原因は、骨盤のゆがみを作る仙腸関節の機能不全です。仙腸関節というのは、図にもあるように、腸骨と仙骨の二つの組み合わされた骨の部位、関節で、この部位がゆがむことによって、腰痛、股関節痛や坐骨神経痛のしびれは、もちろんのこと、首のゆがみも誘発します。首のゆがみは、めまいや片頭痛を引き起こします。産後、産前にかかわらず、片頭痛や耳鳴り、めまいの原因は、首のゆがみ、間接的には、仙腸関節のゆがみが大きな原因です。
 
③   現在の状況
第3子目を出産したにもかかわらず、今は、産後腰痛や足のしびれ、臀部痛もなくなり、産前のジーンズやパンツもはけるようになりました、ダイエット効果も出てきて、4キロの減量に成功、自信をもって職場復帰できました。

④   まとめ
34歳の3児の産後の腰痛や坐骨神経痛の夜間痛、臀部痛に悩んでいた女性が整体、カイロプラクティックの骨盤矯正で以下のようになりました。
 
  • 産後の腰痛や臀部痛、坐骨神経痛のしびれや痛みが解消された
  • めまいもなくなり育児への負担が減った
  • つらいダイエットやエクササイズもなく4キロのダイエットに成功
  • 職場復帰したときに「変わっていないね、何をしたの?」という嬉しい言葉
  • 妊娠中から悩んでいた便秘も解消した
 
このように、産後腰痛や臀部痛、坐骨神経痛のしびれの解消に整体、カイロプラクティックの骨盤矯正を受けることは、痛みや症状の改善ばかりでなく、ダイエットやめまい、便秘の解消と本人の職場復帰の自信にもつながります。

もしこのブログをお読みのあなたが【産後の腰痛】に悩んでいる場合は、ぜひ一度『仙台 ママの骨盤矯正』にお越しください。

 

仙台 ママの骨盤矯正のご案内

住      所:
〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉1-4-30
上杉サショウビル3階
アクセス:
地下鉄勾当大駅・青葉区役所から徒歩2分(宮城県庁の裏)
お問い合わせ・ご予約
022-227-3955
営業時間:
午前9時半~午後19時半
定休日:
月曜定休
※月曜祝の場合は月曜営業、
火曜休診です。

年末年始休業、
託児所の利用は
平日の10時~15時のみ)
※土日祝は身内の方同伴に限り
託児所のご利用が可能です

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ